山寺に伝わる奇祭 やきもち踊り

 伊那市山寺に伝わる一風変わった祭り、やきもち踊りが、地元の神社、白山社八幡社合殿に16日、奉納されました。
やきもち踊りは、県の無形民俗文化財に指定されていて、春の例祭で毎年奉納されています。
始めに、当屋と呼ばれる踊りを主宰する当番の引継ぎ式が行われます。
江戸時代以来の記録が納められている当屋箱という貴重な箱が去年の当屋から今年の当屋に渡され、本殿に納めます。
当屋が神殿から御幣を持ってくるとお祓いが行われます。
このやきもち踊りの歴史は古く、江戸時代の中頃、今から230年ほど前には行われていたと記録に残っています。
引継ぎ式が終わると踊りが始まります。
地元住民でつくる保存会の会員30人が羽織、袴、白足袋と衣装を揃えます。
その姿で足を挙げ飛び跳ねるユーモラスな踊りを披露します。
踊りは前踊り、中踊り、後踊りと3回あり、その合間に酒盛りが行われます。
踊り手たちは、キセルで刻みタバコを吹かしながらアユの串焼きを肴にどぶろくを酌み交わしました。
酒盛りが終わると再び踊りが始まります。
酔いが回り足元がおぼつかなくなった踊り手が観客から冷やかされる場面もありました。
3回目の踊りが終わると、踊り手は鳥居の外にいちもくさんに逃げます。
遅れた人には厄がつくとされているからです。
外には多くのカメラマンが待ちかまえます。
歌の終わりが近づくにつれ、踊り手は逃げやすいように、鳥居のそばに集まり、終わると一斉に鳥居の外に飛び出しました。
今年、一番最後になったのは保存会の柴満喜夫会長でした。
天候に恵まれた16日は、市内外から多くの見物客が訪れ、伊那市に伝わる奇祭やきもち踊りを楽しんでいました。




放送日:2017年4月16日(日曜日)