児童がナメコの菌打ちを体験

みどりの少年団の活動の一環

箕輪町の箕輪西小学校の児童が14日ナメコの菌打ちを体験しました。
菌打ち体験は森林整備などを行っている箕輪西小学校みどりの少年団の活動の一環で行われたものです。
14日はコナラの原木70本とナメコの菌1,500個が用意され4年生11人が金づちを使って菌を打ち込んでいました。
原木やナメコの菌を用意したのはみどりの少年団の活動を支援している地元有志の西山会などの会員です。
会員らは児童らと交流しながら菌打ちを指導していました。
みどりの少年団は土砂災害の防止など森林の持つ機能を知り自然環境の保全意識を育もうと昭和54年に設立され菌打ち体験は平成21年から行っています。
今回菌打ちしたナメコは来年の秋に収穫できるということで児童らは「給食で食べるのが楽しみです。」と話していました。




放送日:2017年4月14日(金曜日)