高遠城址公園 さくら祭りスタート

天下第一の桜として知られる伊那市高遠町の高遠城址公園が1日公園開きとなり、さくら祭りがスタートしました。

1日は、伊那市観光協会会長の白鳥孝伊那市長と園児が公園の象徴的な存在の桜雲橋を渡り、問屋門の前で開門を宣言しました。

高遠城址公園には31日から雪が降り、5センチほど積もったということですが、枝が折れるなどの影響はありませんでした。

毎年桜が早く咲く公園南側では、蕾が膨らんでいます。

日本気象協会では、開花を11日、満開を18日と予想しています。

関係者約40人が出席した公園開き式で白鳥市長は、「桜を、伊那市を訪れる一つのきっかけとし、多くの人にまちをゆっくり観光してもらいたい」とあいさつしました。

今年のさくら祭りでは、5日〜7日と10日〜14日までの期間熱気球で上空から桜を見ることができます。

8日〜16日は伊那のご当地グルメが楽しめる「伊那のうまいもん大集合」も行われます。

2日から散り終わりまでは夜間のカラーライトアップも行われます。

高遠城址公園のさくら祭りは、1日から30日までとなっています。




放送日:2017年4月1日(土曜日)