伊那市ふるさと納税見直し

全国の自治体に対し国が見直し求める通達を受け

 国から各自治体に対し、ふるさと納税の返礼品の費用の上限を納税額の3割とすることなどを求める通達が出されたことをうけて、伊那市は、31日から、ふるさと納税を一時停止し、返礼品の見直しを行います。
 伊那市では、納税額の5割を目安として返礼品を用意してきました。
これまで、返礼品にかかる費用の割合は自治体がそれぞれに設定していましたが、今回、国が、納税額の3割を上限とするよう自治体に対して通達を出しました。
また、高額なものは返礼品として送付しないよう求めているということです。
 通達を受け伊那市では、31日から一時納税の受付を中止し、17日まで、費用の割合や返礼品の内容を見直すとしています。
 なお、伊那市への今年度のふるさと納税額は70億円ほどで、県内の市町村では最多の額になる見通しです。




放送日:2017年4月1日(土曜日)