みのわ〜れ 毎週土曜日に「まちの先生」が教室開催

ペン字教室で平仮名を練習

イオン箕輪店にある地域交流スペース、みのわ〜れでは、障がい者や一般住民を対象にした教室が毎週土曜に開かれています。
1日は、ペン字教室が開かれました。

この日は障がい者の参加はありませんでしたが、箕輪町や南箕輪村から3人が参加しました。
みのわ〜れ店長の入杉百合子さんが、平仮名の書き方を指導しました。

みのわ〜れは、子育て支援のほかに、障がい者の支援と地域住民の交流の場所として町が整備したもので、毎週土曜日に教室を開いています。
地域住民が「まちの先生」として講師になり、週替わりで手芸やヨガなどをボランティアで指導しています。

来週は春をテーマにしたフラワーアレンジメントとアロマ教室が開かれる予定です。




放送日:2017年4月1日(土曜日)