あすから新年度 新規採用職員入組式

 また、4月1日からの新年度を前に、JA上伊那では、平成29年度採用職員の入組式が、31日、伊那市狐島の本所で開かれました。
 式の始めに全員で、JA綱領を斉唱しました。
 今年は、例年並みの21人が新規に入組しました。
 内訳は、男性16人、女性5人で、大卒が18人、高卒が3人です。
 御子柴茂樹組合長から辞令を受け取りました。
 御子柴組合長は、「グローバル化や少子高齢化で非常に厳しい状況だが、なくてはならないJAとなるため、若い力・若い発想で取り組んでもらいたい」と呼びかけました。
 新規採用職員を代表して、伊那市中央出身の宮下 三広さんは、「農業情勢の厳しさ、課題を踏まえ、地域のより良い暮らしを追求するため、勉強・実践を全力で行いたい」と誓いの言葉を述べました。
 新規採用職員は、3月中に2週間の研修を受けて、入組式に臨みました。
 なお、新規採用職員は、3日から、金融・営農・共済などぞれぞれの配属された部署に分かれて仕事を開始します。




放送日:2017年3月31日(金曜日)