「愛の家グループホーム」 伊那市で認知症ケア事例報告会

認知症への理解を深め介護施設を身近に感じてもらおうと、施設で働くスタッフによる事例報告会が伊那市の伊那公民館で25日に開かれました。

長野県内に5つある「愛の家グループホーム」が開いたものです。
5つの施設で働くスタッフが事例報告を行いました。

このうち、伊那市山寺の愛の家で働く職員は、80代の夫婦の気持ちに寄り添った介護ケアについて発表しました。
車いすで生活している妻に対し、スウェーデンで考案された「タクティールケア」という方法を取り入れたという事です。
ゆっくりとしたマッサージを施すもので、精神的に安定し認知症の緩和に繋がるとされています。
足が以前より動かせるようになり、夫婦の会話も増えたという事です。
職員は「利用者の想いをひとつひとつ受け止め支援につなげていきたいです」と話していました。

伊那市で事例発表会を開くのは初めてで、利用者の家族や地域住民など30人ほどが訪れました。




放送日:2017年4月4日(火曜日)