馬で木材を搬出 林業技術講習会

 間伐した木材を、馬を使って搬出する林業技術の講習会が、23日、伊那市のますみヶ丘平地林で開かれました。
 馬に専用の器具を付けて、木材を固定し、搬出します。
 馬で木材を搬出する「馬搬(ばはん)」という技術です。
 昭和40年代までは当たり前に見ることができた里山の風景だということです。
 23日は、間伐材を有効に活用してもらおうと、上伊那地方事務所が、一般向けの講座を開き、中南信から60人ほどが参加しました。
 伊那市高遠町山室で馬を使った農業に取り組んでいるうまや七(しち)福(ふく)の横山 晴樹さんが、馬搬技術を披露しました。
 横山さんの飼育する雄の馬「ビンゴ」は12歳で、体重は450キロほどです。
 体重と同じほどの重さの木材を運ぶことができるということです。
 横山さんは、林業関係者からの依頼や、イベントなどで馬搬を行っています。
 参加者は馬の飼育費や、必要な機材などについて質問していました。
 主催した上伊那地方事務所では、「住民が森林の整備をすることが少なくなっている。伐採した木材を搬出して活用してもらい、山を守る動きにつなげていきたい」と話していました。
 なお、この日は、馬搬以外に、ロープウインチを使った搬出の実習も行われました。




放送日:2017年3月23日(木曜日)