井月ゆかりの手良で偲ぶ句会

 伊那市手良の住民有志で作る井上井月をしのぶ句会が、19日、中坪公民館で開かれました。
 句会は、手良公民館が主催していて今回で18年となります。
 地域全体から俳句を募集し、今回も30句ほどが集まりました。
 講師を務めたのは、長野県シニア大学で俳句を指導している羽場 桂子さんです。
 羽場さんは、提出された句を添削しながら、アドバイスしていました。
「春を待つ 凛々の峰我いやす」という句は、「待春や  木曽駒ヶ岳(きそこま)連峰 凛々と」と添削されました。
 羽場さんは、句を見た人が、その句を見ただけで木曽駒の情景が浮かぶように読むことが重要だと話していました。
 井上井月を偲ぶ句会は、漂泊の俳人として知られる井上井月のゆかりの土地・手 良で、俳句を楽しもうと毎年句会を開いています。
 会では、新しい参加者も増え、活動が定着してきたと話していました。




放送日:2017年3月19日(日曜日)