三日町で下草を焼く火事

17日午後4時頃、箕輪町三日町で下草を焼く火事がありました。
この火事によるけが人はいませんでした。
伊那警察署の発表によりますと、火事があったのは、箕輪町三日町の水道土木業 株式会社カスガの資材置き場です。
火はおよそ40分後に消し止められましたが、下草およそ100平方メートルと木材4本を焼きました。
この火事によるけが人はいませんでした。
伊那署では、下草を燃やしていた火が燃え広がったものとみて捜査を進めています。
消防では、空気が乾燥していて火事が起きやすくなっているとして、火を扱うときは消火する準備をしてから行うことや、消火が確認できてからその場を離れるよう、注意を呼び掛けています。




放送日:2017年3月18日(土曜日)