インドネシアの高校生 伊那市で学習

インバウンド事業の一環で

インドネシアの高校生が17日から3日間の日程で伊那市を訪れています。

18日は、みはらしファームでそば打ちを体験しました。
伊那市では海外からの旅行客を誘致するインバウンド事業を進めています。
インドネシアからの教育旅行の受け入れは今回が初めてで、首都ジャカルタから車で2、3時間のところにある普通高校の1、2年生21人が訪れました。
そば打ち名人会のメンバーが講師をつとめ、英語を交えながら指導していました。
体験した高校生は「お菓子作りに似ていて楽しかったです」と話していました。

伊那市が進めているインバウンド事業では今年度、75団体1,830人が訪れたという事です。
中国からが8割、台湾からが2割ほどを占めていて、東南アジアからは少ないという事です。
伊那市観光協会では「東南アジアからも集客できるようPRしていきたい」と話していました。
一行は市内の農家7軒に分かれて農家民泊をしていて19日まで伊那市に滞在しています。




放送日:2017年3月18日(土曜日)