アツモリソウ培養「効率的に」 松田南信が上農に機器を寄贈

南箕輪村の上伊那農業高校バイテク班では、県の認定を受け、絶滅危惧種に指定されているアツモリソウの保全活動に取り組んでいます。
そのバイテク班にこのほど、温度などを効率的に管理することができる研究用機器が寄贈されました。

17日は、バイテク班の生徒と長野県・寄贈した松田南信株式会社が参加して式が行われ、機器がお披露目されました。

電機メーカー「日立」の商品を取扱う、松田南信では、アツモリソウの保全に取り組む上農高校・長野県と「生物多様性保全パートナーシップ協定」を、1月に締結しました。
今回の寄贈は、その協定に基づいて行われました。

寄贈されたのは「インキュベーター」と呼ばれる機器で、温度や光の照射などを精密管理することができます。

松田南信の神田昭夫常務は「苦労をしていたので、インキュベーターを使ってより効率的に研究をしてもらいたい」と話していました。
上農バイテク班の西條雄真班長は「これまでよりも多くのアツモリソウの培養を試すことが出来るようになる。これからの研究が楽しみです」と話していました。

現在バイテク班では、フラスコ内での苗の培養には成功していますが、フラスコから出した時に温度変化などで死んでしまう個体数が多いのが課題となっています。
今後はインキュベーターを活用し、より効率的に研究を進めていきたいとしています。




放送日:2017年3月17日(金曜日)