箕輪町の県天然記念物の樹木保存へ

 長野県の天然記念物に指定されている箕輪町中曽根のエドヒガンと木下のケヤキの保存作業が現在行われています。
 16日は、中曽根のエドヒガンザクラで作業が行われていました。
エドヒガンは、木の高さは13メートル、根元の周囲は8.2メートルあり、樹齢の推定は千年です。
 平成15年度の作業から13年が経過し、補修や処置が必要となったため今回作業が行われました。
 幹の空洞部分はモルタルで閉鎖されていましたが、それを取り払い、根が伸びるのを助けるほか、剪定や支柱の設置などを行います。
 県と箕輪町の補助金を受けて所有者が実施するもので、町内の保存樹木を診断している樹木医の粂野 勝さんが作業計画を立て、飯田市の造園業・伍福園が実施しています。
 木下北保育園内にある推定樹齢千年のケヤキも今回作業を行う予定です。
 県天然記念物の保存作業は、20日までを予定しています。




放送日:2017年3月16日(木曜日)