増加する旅行客に対応へ中国語講座

年々増加する中国や台湾からの旅行客に対応する為、伊那市観光協会は農家民泊の受け入れ農家や宿泊施設の関係者を対象にした中国語講座を15日始めて開きました。
15日は、農家民泊の受け入れ農家や宿泊施設の関係者など、10人が受講しました。
講師を務めたのは伊那市観光協会で通訳を務める蘇萍(スー・ピン)さんです。
参加者は、蘇さんから「あいさつ」や「行動」「緊急時」に使う言葉を教わりました。
蘇さんは、「イントネーションが違うと、同じ発音でも意味が違ってくるので気を付けて下さい」と参加者に説明していました。
伊那市観光協会によりますと中国や台湾からの旅行客のうち、若い世代は英語でコミュニケーションをとれますが、40代以上になると中国語しかしゃべれない人が多くなるという事です。
今年度、インバウンドで伊那市を訪れた外国人は1800人になる見込みで、そのうち中国や台湾からは8割の1400人余りになるという事です




放送日:2017年3月15日(水曜日)