ルビコン会長 登内英夫さんの葬儀しめやかに

箕輪町で一般会葬と社葬

2月7日に99歳で亡くなった元県議会議長で、ルビコン渇長の登内英夫さんの告別式が、11日に箕輪町でとり行われました。

箕輪町の伊那プリンスホテルで一般会葬と社葬が行われました。
午前10時から午後2時半まで行われた一般会葬には、地域住民のほか企業や政界の関係者など約2千人が訪れたという事です。
訪れた人たちは献花をして手を合わせ登内さんの冥福を祈っていました。

登内さんは、伊那市西箕輪に本社を置くコンデンサーメーカー、ルビコンを創設しました。1967年から8期連続県議会議員をつとめ、県議会議長などを歴任しました。

宮下一郎衆議院議員は「親子2代に渡って大きな御恩を頂いた。経済界、政治の世界でもまさに師と仰ぐべき方だった」、長野県議会の向山公人議長は「去年の秋に誕生祝いをやろうと話した時はお元気な姿だったので大変さみしいが、登内さんの遺志を地域の発展のためにつくしていかなければいけないと感じた」、白鳥孝伊那市長は「手をあわせるといろいとな思い出が頭をよぎった。登内さんには大変お世話になりました」と話していました。


午後3時から行われた社葬には、商工会議所や県議会、企業の関係者のほか、役員OB、友人、親族など200人が参列したという事です。




放送日:2017年3月11日(土曜日)