今年度松くい虫被害 上伊那北部で増加

松枯れを引き起こす松くい虫の被害は、今年度、上伊那北部地域で増えています。

10日は、上伊那地方松くい虫防除対策協議会が、伊那市の伊那合同庁舎で開かれ、去年12月末現在の被害状況が報告されました。

被害量は、前年度の同じ時期に比べて、上伊那全体ではおよそ200立方メートル増えています。
特に北部地域で被害量が増えていて、伊那市では前年度の同じ時期に比べておよそ500立方メートル多い2,627立方メートル、箕輪町ではおよそ100立方メートル多い、552立方メートルとなっています。
南箕輪村は65立方メートル少ない391立方メートルとなっています。

上伊那地方事務所林務課では、「これまでに引き続き、各市町村と連携をとって被害拡大対策に取り組んでいきたい」と話していました。

協議会では、来年度も今年度同様、予防や駆除、森林整備を行っていくほか、広域的な防除対策を検討・実施していくことが報告されました。




放送日:2017年3月10日(金曜日)