井月没後130年の節目 墓前で足跡偲ぶ

井上井月顕彰会が墓参り

漂泊の俳人井上井月の命日で没後130年にあたる10日、井上井月顕彰会会員がその足跡を偲び墓参りをしました。
伊那市美篶末広にある井月の墓に会員7人が集まりました。
井月は幕末に伊那谷に現れ約30年にわたり俳句を作りながら放浪生活を送りました。
明治20年1887年に亡くなり当時井月を慕っていた人たちがこの場所に墓を建てました。
顕彰会はその生き様や残した句を伝えようと発足した団体で映画の制作や俳句大会などを開いています。
今年は没後130年の節目にあたり墓参りでは足跡を偲びそれぞれがゆかりの品を墓前に供えていました。
井上井月顕彰会では年内中に井月が残した俳句を集めた最新の全集を出版する計画でその足跡を後世に伝えていくとしています。




放送日:2017年3月10日(金曜日)