大萱の市営・県営団地 来年度から解体へ

伊那市の白鳥孝市長は、老朽化している西箕輪大萱の市営・県営団地について、準備ができた棟から来年度より解体を始めることを、今日報告しました。
これは、9日に市役所で開かれた市議会一般質問の中で議員の質問に答えたものです。
大萱の市営・県営団地は、昭和38年から42年にかけて建設され、50年以上が経過し老朽化が進んでいます。
市営・県営合わせて208戸あり、入居しているのは93戸で115戸が空き室となっています。
白鳥市長は「県営については、県と立て替えの協議を進める中でまだ具体的な位置や規模は決まっていないが、将来を見据え、来年度から計画的に解体を進めていきたい」と話しました。
団地は最大4戸が1棟に入っていて1棟の中の全室が空いた棟から解体を始めたいとしています。




放送日:2017年3月9日(木曜日)