長谷高齢者体操自主グループ発足

筋トレ教室終了に伴い立ち上げ

 伊那市が長谷で行ってきた高齢者向けの筋トレ教室が終了したことを受け、受講者たちが自主的に運動に取り組むグループが、9日発足しました。
 伊那市長谷の気の里ヘルスセンター栃の木に18人が集まり、筋トレやストレッチなどをして体を動かしました。
 伊那市は、各地区を巡回して、高齢者筋トレ教室を開いていますが、長谷の教室は、去年12月から始まり、3月6日に終了となりました。
 受講者から継続して活動を続けたいとの声が上がり、自主グループを立ち上げることになり、今日が初の活動日となりました。
 参加者の年齢は65歳から80歳で長谷を中心に高遠町や竜西からの参加もあります。
 栃の木健康クラブと名付けられたこのグループは、毎週木曜日、午前9時30分から伊那市長谷の気の里ヘルスセンター栃の木で活動しています。
 会では、興味があれば気軽に来てほしいと参加を呼び掛けています。
 なお伊那市内には、こうした高齢者の自主グループは46グループあり、長谷地区では初となります。




放送日:2017年3月9日(木曜日)