長野県ロードレース伊那大会 52回の歴史に幕

コース周辺の環境変化などで

 今年で最後となる第52回長野県ロードレース伊那大会が、5日、伊那市営野球場を発着に開かれました。
 大会には、中学生から一般まで550人がエントリーしました。
 長野陸上競技協会が毎年県内4地区で開いているもので、日本陸上競技連盟の公認大会です。
 コースとなっている市道沿いが住宅化して交通量が増えてきたことや、同じ時期に春の高校伊那駅伝が開かれることから、半世紀以上続いたこの大会は今回で最後となります。
 一般の部、高校の部、40歳以上の壮年の部が10キロ、女子の部、中学男子の部が5キロをそれぞれ走りました。
 高校の部では、県内の駅伝の名門佐久長聖や長野東の選手も参加しました。
 大会の結果、壮年の部で茅野市の西澤洋務さんがこれまでの記録を50秒縮める大会新記録でゴールしました。
 その他の結果はご覧のとおりとなっています。
各部門の1位
●一般の部 伊藤洸介さん(飯田市)
●高校の部 丸山幸輝さん(佐久長聖)
●女子の部 和田有菜さん(長野東高校)
●中学男子の部 越陽汰さん(川中島中)




放送日:2017年3月5日(日曜日)