信州そば発祥の地 伊那そば振興会認証制度4月から開始

高遠の在来種そば復活に向け取り組む伊那そば振興会は、信州そば発祥の地「伊那」を広くPRするため、各そば店を認定する制度を4月1日から始めます。
28日は伊那市役所で定期総会が開かれ、今年度の取り組みや来年度の事業計画が示されました。
会では、信州そば発祥の地 伊那が広く認識されることを目指し、「信州そば発祥の地 伊那そば振興会認証制度」を4月1日から始めます。
認定の基準は、伊那そば振興会に加入していることを前提に、
@上伊那産のそば粉を使用していること
A手打ちで提供していること
B「信州そば発祥の地 伊那」を広くPRしていることです。
認定店には、認定書とのぼり旗が交付されます。
会では他に、これまで「高遠の在来種」としていたそばの名前を「入野谷在来」にすることが承認されました。
入野谷在来は今年度、100グラムの種から18キロ収穫できました。
来年度は耕作地を広げ、より多くの収量を目指して栽培に取り組むということです。




放送日:2017年3月1日(水曜日)