国道361号全面通行止め解除 21日〜片側交互通行に

写真:2017年1月8日撮影 のり面崩落現場

伊那市高遠町の国道361号の全面通行止めが21日から解除となります。
3月31日までは片側交互通行で、伊那建設事務所では、桜まつりが始まる4月1日には全面通行を間に合わせたいとしています。
道路を管理する伊那建設事務所によりますと、応急工事として、落石防護柵の設置やモルタルの吹き付けなどの工事を進めてきました。
応急工事が20日(月)に完了する見込みとなったことから、21日からは全面通行止めを解除し、片側交互通行にするということです。
片側交互通行の期間は2月21日〜3月31日までです。
伊那建設事務所では、4月1日からは高遠城址公園でさくら祭りが始まることから、全面通行が可能となるよう残りの工事を進めていくとしています。
なお、時間帯によっては渋滞が予想されるため、通勤時間などはナイスロードや県道沢渡高遠線を利用するよう呼び掛けています。




放送日:2017年2月17日(金曜日)