あすは「南箕輪村の日」 村内で特別給食

2月18日は南箕輪村の日です。
村内の保育園や小学校では17日、「村の日 特別給食」が出され、子どもたちが味わいました。

南箕輪村北部保育園では、「まっくんむし」や「おおしばこうげんあえ」など、南箕輪村ならではのネーミングのメニューが出されました。
「まっくんむし」は、肉団子をカレー風味のもち米で包み、地元産の豆を目に見立て、村のキャラクター「まっくん」をイメージしています。

この日は野菜などの生産者も園を訪れ、子どもたちと給食を味わっていました。
子どもたちは「まっくんみたい」「おいしい」と、村ならではのメニューに喜んでいました。

南箕輪村は、1875年2月18日に6つの村が合併してできた村です。
記念日に合わせて村らしい給食を子どもたちに食べてもらい、地域に愛着をもってもらおうと、毎年栄養士が献立を考え提供しています。


 



放送日:2017年2月17日(金曜日)