電子マネー詐欺 コンビニで被害防止の訓練

店員がレジで声かけ

コンビニエンスストアなどで販売されているプリペイドカード式の電子マネーを支払わせる手口の特殊詐欺が増えている事から、伊那警察署は被害を未然に防ぐため店員を対象にした訓練を、15日に伊那市内で行いました。

訓練は、被害者役の警察官がコンビニエンスストアで電子マネーの購入を申し出る想定で行われました。
動画サイト利用料が未納で支払ないと法的措置をとると言われ、犯人から電子マネーの購入を指示されたというものです。
店員は、警察で作成した「声かけシート」を見せ、詐欺の可能性が高い事を指摘し警察に通報していました。

プリペイドカード式電子マネーはインターネットを通じて商品を購入する事ができる決済手段です。コンビニや量販店などで販売されていて、カードに書かれた番号を他人に伝えてしまうと誰でも電子マネーとして使えてしまう事から、詐欺の手口として増加傾向にあります。
伊那署管内では、今年、辰野町の40代女性が47万円を、箕輪町の50代女性が10万円を騙し取られる被害がありました。

管内では水際で被害を防いだ事案もあり、去年はコンビニで5件、125万円分の被害を防ぎました。
伊那署では「少しでもおかしいと感じたら積極的に声をかけて下さい」と協力を求めていました。




放送日:2017年2月15日(水曜日)