東京 大正大学の学生 箕輪町で聞き取り調査

3月に町へ提言

 箕輪町と防災協定などを結んでいる東京都豊島区の大正大学は、移住者の目線で町内の環境や状況について調査し、課題などを町に提言します。

 調査を行うのは、大正大学で地域創生について学んでいる学生5人です。
 13日から2泊3日の日程で滞在し、町内の企業や住民に聞き取り調査をします。
 5人が所属する地域創生学部では、経済学をベースに地方創生の課題について学んでいて、初日の13日は、移動販売を行っている泰成運輸の担当者から話を聞きました。
 泰成運輸では、9年前から町内で試験的に事業を始め、平成26年から本格的に取り組んでいます。
 学生らは、客層や1週間の買い物人数などを尋ねていました。

 この後学生らは、イオン箕輪店内に去年完成したみのわ〜れを訪れ、町の担当者から施設の特徴について説明を受けた他、利用者に話を聞いていました。

 学生らは、3月にも箕輪町を訪れて報告会を開き、魅力や課題について提言するとしています。




放送日:2017年2月13日(月曜日)