旧井澤家住宅で雛祭り

江戸時代から現代までの様々な雛飾りが並ぶ

 江戸時代から現代まで、様々な雛人形を展示する雛祭りが、伊那市西町の旧井澤家住宅で行われています。
 昭和初期の内裏雛に、昭和30年代の段飾り雛、平成に入ってつくられた物など、その作りの違いを見ることができます。
 他にも、吊るし雛やまゆ玉など、100点以上が並べられています。
 雛人形は、旧井澤家住宅を管理している伊那部宿を考える会に寄贈されたもので、雛祭りは今年で12回を数えます。
 古いものでは、この住宅の土蔵から見つかった江戸時代の押し絵雛などもあります。
 雛祭りは、3月3日まで行われていて、最終日には甘酒が振舞われます。




放送日:2017年2月16日(木曜日)