伊那西高校生徒の作品展 芸術フェスティバル

絵画 書道 写真など190点

伊那西高校の生徒による作品展、芸術フェスティバルが10日から伊那市のかんてんぱぱホールで開かれています。
会場には美術や書道、写真クラブのほか保育学習などの作品190点が並んでいます。
作品の発表の場として毎年開かれていて今年で10回目となります。
保育学習の作品では幼児向けの貼り絵や刺繍で作った絵本が展示されています。
それぞれに生徒のコメントが添えられていて見た人に作品への思いを伝えるようにしています。
写真クラブ2年の横前ジェーンさんの作品「哀」は鉄格子から外を見つめる猿の表情を写したもので
去年広島で開かれた全国高校総合文化祭写真部門で最優秀賞を受賞しています。
去年の県展で入賞した美術クラブ3年の野澤知香子さんの作品「古代への憧憬」は青と茶色をベースに淡い色が引きたつように描かれていて腕時計を貼り付けることで作品に抑揚をつけています。
伊那西高校では「努力してきた日頃の成果を見てもらいたい。作品にはコメントも添えているので、どういう作品づくりをしているのか感じてほしい。」と話しています。
伊那西高校芸術フェスティバルは伊那市のかんてんぱぱホールで15日まで開かれています。




放送日:2017年2月12日(日曜日)