航空宇宙産業参入支援へ セミナー開催

航空宇宙産業分野への参入を支援するセミナーが8日伊那市の伊那技術形成センターで開かれました。
長野県では自動車にかわる産業として、航空機産業分野への参入を進めています。
これを受け長野県テクノ財団では航空宇宙産業で必要となる品質管理規格のセミナーを8日上伊那で初めて開催し、県内各地から25人が参加しました。
講師は、防衛省の技術研究本部に勤務し戦闘機の開発に携わった経験を持つ鈴木登志夫さんです。
鈴木さんは「国内の業界団体で定める品質管理の規格は、アメリカ、ヨーロッパで定める規格にも適合している。
新たなビジネスチャンスとして認証取得を目指してほしい」と話していました。
テクノ財団によりますと、航空宇宙産業分野の品質管理規格を認証取得している企業は、県内では15社、上伊那では3社だということです。




放送日:2017年2月8日(水曜日)