泣Xワニー 日経優秀製品サービス賞で最優秀賞 受賞報告

3Dプリンターを使った樹脂製の型「デジタルモールド」の開発を行い、2016日経優秀製品サービス賞で最優秀賞を受賞した伊那市富県の泣Xワニーは7日、白鳥孝市長に受賞の報告をしました。
この日は、橋爪良博社長が市役所を訪れ、白鳥市長に受賞の報告をしました。
スワニーが開発したのは、3Dプリンターを使って作製した樹脂製の型「デジタルモールド」です。
3年間試行錯誤を重ね開発したもので、これまでの金属の金型に比べ経費も時間も6分の1で済みます。
2016日経優秀製品サービス賞は、優れた新製品・新しいサービスを表彰するもので、スワニーのデジタルモールドは、2万点の中から最優秀賞18点のうちの1点に選ばれました。
デジタルモールドはすでに特許申請と商標登録が済んでいるということです。
今回の受賞がきっかけとなり、国内の大手自動車メーカーや玩具メーカーと共同開発を進めているということです。




放送日:2017年2月14日(火曜日)