「立春朝搾り」出荷

4日は立春です。暦の上では春となりました。
伊那市荒井のつくり酒屋宮島酒店では、春を祝う酒「立春朝搾り」の出荷作業が早朝から行われました。

午前5時半。
搾りたての新酒が瓶詰されていきます。
立春朝搾りは、立春の朝に搾った新酒をその日のうちに店頭で販売するもので、宮島酒店では今日およそ4,000本を出荷しました。
火入れやろ過を行なわない生原酒で、フレッシュな味わいが特徴です。
上伊那で栽培された酒米「美山(みやま)錦(にしき)」が使われています。

4日は早朝からラベル貼りの作業も行われました。
中南信の酒販店8店舗から20人ほどが集まり、ラベルを貼っていきました。
立春朝搾りは、日本名門酒会に加盟する全国40の酒蔵で作られ、1日で29万本が出荷されたということです。
杜氏を務める宮下拓也さんです。

午前8時には、店舗の前で神事が行われました。
立春朝搾りは予約制ですが若干の在庫があり、伊那市日影の酒文化いたやで販売されています。
価格は、720ミリリットル入りが1,620円、一升瓶が3,240円です。(税込み)




放送日:2017年2月4日(土曜日)