い〜な雑穀フェスタで料理教室 

様々なレシピを提案し雑穀の普及図る

様々なレシピを知ってもらう事で雑穀の普及につなげようと、伊那市長谷で10日「い〜な雑穀フェスタ・料理教室」が開かれました。

アマランサスを良く熱したフライパンでポップさせます。タルトの上に温野菜をのせて食べる「ベジデコケーキ」のトッピングになります。

料理教室は、伊那地域アマランサス研究会や伊那市などでつくる、い〜な雑穀ネットワークが、毎年この時期に行っている「雑穀フェスタ」の一環で開かれました。

この日は市内を中心に32人が参加し、雑穀クリエーターの梶川愛さんのレシピを学びました。教室では、アマランサスをトッピングするベジデコケーキのほかに、もちきびともちあわ入りの冬野菜スープ、粉状にしたしこくびえと米粉でつくるガレットの3品を作りました。
梶川さんは、炒めたり、茹でたり、粉状にするなどして食感に変化がつくようレシピを工夫したという事です。

い〜な雑穀ネットワークでは、栄養価の高い雑穀のより良い取り入れ方を知ってもらい普及に繋げていきたいとしています。




放送日:2016年12月10日(土曜日)