幻の高遠在来そば 収穫

 7月に種をまいた、幻となっている高遠在来種のそばの収穫作業が28日伊那市長谷浦の畑で行われました。
 この日は、うす曇りの中収穫作業が行われました。
 幻のそば復活に取り組んでいる伊那そば振興会のメンバーや、栽培指導を行っている信州大学農学部など関係者20人ほどが、そばを刈り脱穀しました。
 高遠在来種のそばは、一般に栽培されているのものよりも小ぶりなのが特徴です。
 高遠在来種はもう存在しないと考えられていましたが、長野県野菜花卉試験場にわずかに残っていて、20グラムから徐々に増やした大変貴重なそばです。
 一般に栽培されている品種と交配するのを避けるため、他の栽培地から離れた長谷浦で、今年、種を増やすための栽培がおこなわれました。
 譲り受けたのは300グラム。野生鳥獣の食害から守るため柵を設置し、花が咲けばロープを張って倒れないようにと、手をかけて栽培してきました。
そして、予想を上回る10キロほどを収穫することができました。
 途中雨が降ってきたため、ブルーシートで覆って、信州大学農学部のハウスへ運びました。
 収穫したそばは、ほぼ来年の種として活用されます。
 予想を上回る収量だったため、協力者が味を見る程度だけ粉にして味わうということです。




放送日:2016年9月28日(水曜日)