村の日記記念 防災講演会

南箕輪村で今日防災講演会が開かれ、講師を務めた山梨大学の秦康範准教授は「災害から命を守るには主体的に行動する事が大切だ」と話しました。
講師を務めたのは、地域防災を専門とする山梨大学の秦康範准教授です。
秦さんは、東日本大震災による津波の被害で200人が犠牲となった岩手県釜石市を例に話をしました。
震災前の釜石市の防災訓練では、地域の人が参加しやすいよう本来は避難所に指定されていない市街地の建物を避難所に想定し訓練を実施していました。
この為、震災発生時にはこの建物を避難所と勘違いした200人が津波の犠牲となりました。
秦さんは「訓練のための訓練になってはならない。特に学校の訓練は、抜き打ちで訓練を行い、子供たちが危険を予測し回避するよう行動させる事が大切だ」と話していました。
また、周囲の状況に応じ「命を守りぬくために主体的に行動する態度を育成していく事が大切だ」とアドバイスしていました。
講演会は、2月18日の南箕輪村の日を記念して開かれたもので、およそ90人が参加しました。




放送日:2016年2月25日(木曜日)