県がインフルエンザ警報発令

上伊那も警報レベル

長野県は先週1週間の1医療機関あたりのインフルエンザ患者数が30人を超えたことから10日、インフルエンザ警報を発令しました。
上伊那地域でも30人を超え警報レベルとなっています。
県によりますと今月1日から7日にかけて県内87か所で2941人の患者が確認され1医療機関あたりの患者数が33.8人となったことから警報を発令しました。上伊那地域でも1医療機関あたり31.25人で警報レベルを超えました。
上伊那地域ではすでに複数の学校などで学級、学年閉鎖がおこなわれています。
県では在宅療養中に家族の間で感染すると流行が職場や地域全体に拡大することが予想されるとしてこまめな手洗いや早めの医療機関への受診を呼びかけています。




放送日:2016年2月10日(水曜日)