伊那路を激走 春の高校伊那駅伝

男子世羅 女子常磐が優勝

春の伊那路を駆け抜ける春の高校伊那駅伝が22日、伊那市陸上競技場を発着点に行われました。
男子は広島の世羅高校、女子は群馬の常磐高校が優勝しました。
男子は、午後0時5分に伊那市陸上競技場をスタートし6区間、42.195キロを襷でつなぎました。
全国の強豪校や県内から過去最多となる128チームが出場しました。
天候に恵まれた22日、沿道では多くの人が選手たちに声援をおくっていました。
美篶青島のナイスロード沿いでは地域住民が連凧を上げたり、参加校の名前が入った凧を持って応援していました。
折り返し地点となる高遠町商店街で先頭は広島の世羅高校。
佐久長聖高校は、先頭にだいぶ遅れて折り返しました。
その後、佐久長聖高校は第4中継所の市役所前を24位でタスキを繋ぎました。
ここでは、市内のチアリーディング「エムスターズ」がレースに花を添えていました。
陸上競技場にトップで来たのは世羅高校。
タイムは2時間10分で6年ぶり2回目の優勝を果たしました。
県内トップは佐久長聖で19位でした。
また、57チームが出場した女子は午前10時に陸上競技場をスタートし5区間21.0975キロをタスキでつなぎました。
いなっせ前では、小旗を持った市民が声援を送り、また伊那中学校吹奏楽部の生徒が演奏し大会を盛り上げていました。
女子は、群馬県の常磐高校が1時間11分17秒で初優勝を果たしました。
県勢のトップは長野東高校で6位に入りました。
春の高校伊那駅伝は新チームのスタートを切る重要な大会として毎年この時期に行われています。




放送日:2015年3月22日(日曜日)