富県桜井区施設建設に同意

新しいごみ中間処理施設の建設予定地の地元区桜井区は施設建設に同意することを決めました。
去年11月の北新区につづき桜井区が同意したことで事業着手となります。
22日は、桜井区の鹿野一区長ら役員3人が上伊那広域連合長の白鳥孝伊那市長に建設同意を伝えました。
広域連合では去年、建設予定地となっている富県天伯水源付近の地元、北新区、桜井区に建設同意の申し入れをしていました。
北新区は去年11月に同意しています。
桜井区は広域連合と今年2月から7回に渡り協議をしてきました。
桜井区では21日、賛否を問う住民投票を1世帯1票で行い、およそ8割が賛成だったということです。
これまでの協議により、区民の憩いの場の整備や農業法人への支援などの地域振興策の他、建設期間と稼働期間を合わせた33年間環境保全協定を締結し、この間の協力費を1億円とすることなどが決まりました。
地元区の桜井区と北新区の同意によりこれから施設建設に向け準備が進められます。
総事業費はおよそ100億円を予定しています。
今後は、周辺地域との環境保全協定などを行い平成28年度に、建設に着手し平成30年度の完成を目指します。




放送日:2014年7月22日(火曜日)