日本山岳写真協会南信支部 第19回写真展「貌・季節の中で」

日本山岳写真協会南信支部の第19回写真展が、19日から伊那文化会館で始まりました。


会場には、南アルプスや中央アルプス、八ヶ岳などの写真56点が展示されています。
南信支部には14人の会員が所属していて、この数年で撮影した力作を出品しています。
北アルプスで撮影された山頂にかかる虹、八ヶ岳で撮影した、光の環や朝の雲海など、刻々と変化する山の表情をとらえています。


1995年に発足した南信支部は創立20周年を迎える来年、県内5か所を縦断する記念写真展や写真集の発行を予定しているということです。
日本山岳写真協会南信支部の第19回写真展「貌・季節の中で」は、23日(月)まで伊那文化会館で開かれていて、22日(日)午後2時から山岳写真の見方などを紹介するライブトークも予定されています。




放送日:2013年9月19日(木曜日)