2月の月間有効求人倍率0.71倍

長期雇用にシフトする動きも

 上伊那の2月の月間有効求人倍率は、0.71倍で1月の0.67倍を0.04ポイント上回りました。
 景気回復の期待感からか、長期雇用にシフトする企業が増えています。
 ハローワーク伊那が発表した2月の有効求人倍率は、1月から0.04ポイント上昇して0.71倍でした。
 新規求人数は、1,108人で1月を6.3%下回りました。
 新規求職者数は、835人で1月を11%下回っています。
 ハローワーク伊那の紹介で就職が決まった数は、287件で前の年の同じ月を4.7%下回っています。
 しかし、長期雇用を示す常用での雇用件数は157件で、前の年の同じ月を5.4%上回っています。
 ハローワーク伊那では、景気回復の期待から先の見通しを考え長期雇用にシフトしたのではないかとみています。
 雇用情勢については、「依然として厳しい状況にあり、持ち直しの動きに停滞がみられる」としています。
 また、この春社会人となる高卒者の内定状況は、1月を6%上回る96.1%でした。
 求人数は、412人で4年ぶりに400人を超え、求人倍率は1.14倍となっています。




放送日:2013年3月30日(土曜日)